読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然いずみの備忘録

徒然なるままを備忘録

【本】日経コンピュータ 2016/05/12

MSA AI bot DDD Slack Hubot Hipchat

雑誌斜め読み。メモメモ

読んだ雑誌の情報

タイトル:日経コンピュータ 2016/05/12
制作:日経BPコンサルティング
メディア:雑誌

 

雑誌メモ

色々な特集や連載が組まれていたが、その中でも気になった記事ベスト3。

すべてはチャットに botが起こすUI革命

botがUIの主役になり、自然な対話の中で作業を肩代わりする世界へ
  • chat × bot の製品は、以下のようなものがある。
    1. チャットワーク:Chatwork
    2. direct:L is B
    3. Googleハングアウト:米グーグル
    4. HipChat:豪アトラシアン
    5. Idobata:永和システムマネジメント
    6. InCircle:AOSもアイル
    7. Skype for Bisiness:米マイクロソフト
    8. Slack:米スラック・テクノロジーズ
    9. TopicRoom:NTTソフトウェア
    10. Typetalk:ヌーラボ
  • chat × botを巡り有名企業が次々と参画
    1. FacebookMessangerにてbotがフラワーギフトのEC事業との連携
    2. LINEはBOT API Tral Accountを提供開始することで、LINEとbotを連携
    3. マイクロソフトはBuildでbotの開発環境Microsoft Bot Frameworkを提供
  • chat × botによる業務改善
    1. 勤怠管理:みやもとさん:トレタ(飲食店向け予約台帳管理アプリ提供)。Slack × Google Apps Script → botが「おはよう」の言葉で、だれがいつ出社したかをGoogleスプレッドシートへ記載。勤怠催促も実施。社員同士のやり取りで使うのは基本Slack。社外連携などの特別な時に限りメール。メールはスピード感のないツール(形式ばった表現が多いため)。
    2. サーバ監視:アイレット(cloudpackの提供)。Slack × Amazon CloudWatch × WatchDogでサーバアクセスや負荷状態に応じてSlackへ通知。
    3. 作業の自動化:米ギットハブ(Githubの提供)。ChatOps × Slackにより情報共有に加えて作業の自動化や可視化を目的としている。
    4. 翻訳/コミュニケーション:takaram design engineering(UIや製品、サービスのデザイン)。Slack × Hubot × 外部システム(Google翻訳API)により、日本語コミュニケーションをリアルタイムで本鯆約して外国人とチャットが可能
    5. 情報集約:Zaim(オンライン家計簿サービス)。Slack × CircleCI × Wunderlistにより稼働状況やビルド/テスト結果、タスク状況などの把握が可能。レビューも一定以上の点数が着いてOKがでる。
    6. bot × Excel:特許案件の期限をVBAが判断して一覧をチャットワークへ
    7. bot × 営業支援システム:チャットから営業報告を(位置情報通知や到着確認をチャットルームへ行うことでbotが営業報告書を作成
    8. bot × IoT:カメラを遠隔操作。センサ情報を取得してチャットルームへ流す。
  • chat × botによるサービス改善
    1. chat × 服屋:アーバンリサーチはチャットで接客を行う。オススメ商品のURLやサイズ感は自分が着て写真を送るなど
    2. chat × 企業:LINEビジネスコネクト(ヤマト運輸エイチ・アイ・エス大東建託など)
    3. chat × AI:ガリバーインターナショナルはFAQをbot×AIがチャットルームのコメントから適切に回答する

 

深層学習フレームワーク

  • 深層学習フレームワークは、現在第3次人工知能(AI)ブームを牽引する象徴である。
    1. 米カリフォルニア大学:Caffe
    2. Facebook:Torch
    3. Preferrd Networks:Chainer
    4. Google:TensorFlow
  • ニューラルネットのデータやネットワークの構造を記述し、入力データや教師データを読み込ませると所望のニューラルネットを生成できる。
  • 大きな流れとしては、以下があげられる。
    1. 2016/1:米マイクロソフト:Computartional Network Toolkit:Skype会話の自動翻訳や顔画像に年齢判定などの深層学習を使った様々なクラウドAIサービスの裏側
    2. 2016/4:米Goolge:TensorFlow 0.8版:分散コンピューティングをサポート

 

クラウド時代のアーキテクチャ設計 第9回

著者:鈴木 雄介(グロースエクスパートナーズ 執行役員)

マイクロサービスアーキテクチャのサービス分割
  • マイクロサービスアーキテクチャで大きな課題となるのは「サービス分割」。
  • 例えるなら、車のタイヤである。夏タイヤ冬タイヤを変えることで、季節に対応が可能となる。
  • 小さなサービスに分割し、疎結合にすることで、特性にあった「作り方」や「プロセス」で管理が可能。
  • 疎結合であることは「サービス連携にキューを使う」という技術論より、「変化に対してサービス同士の依存性が低い」おいう設計論の方が重要。
  • 凝縮度が高く、結合度が低いモジュールは理解しやすく、変更に強く、再利用しやすい。
ドメイン駆動設計(DomainDrivenDesign:DDD)
  • 分割論は長年議論されてきたが、最適な解決策はない。しかし最近の方針は、「ドメイン駆動設計(DomainDrivenDesign:DDD)」が存在する。
  • DDDでは、ドメインを可能な限りそのままシステムに実装することが望ましい。
  • ドメインエキスパートと実装者がタッグを組み、ドメインを実装する。それを繰り返すことでコードが成熟する。
  • ドメインエキスパートは全ての業務をうまく説明でき分けではない。コードに書くことで矛盾を見つけ、業務を整理する過程で、ドメインの整理整頓が可能となる。

 

用語集

  • 凝縮度:モジュール内部に関連性が高い機能を寄せた度合い
  • 結合度:それぞれのモジュール同士の関連性
  • ドメイン:ビジネス側の物事の考え方をくくった単位であり、日本語で言えば「業務」が該当

【本】インテンション・エコノミー(第三部・第四部)

VRM CRM PDS

読書メモ。会社からオススメされての読書。

読んだ本の情報

インテンション・エコノミー 顧客が支配する経済 (Harvard business school press)

インテンション・エコノミー 顧客が支配する経済 (Harvard business school press)

 

 

読書メモ

まだ全部読めていないのですが、興味を持った第三部と第四部のまとめ。

第三部:解放された顧客

  • 「付号契約主義」が終わりに向けた楽観的な見方があるにも関わらず、ビジネス世界のほとんどの人達はこの考え方にとらわれており、顧客はストックホルム症候群状態にある。手段から目的へ。「必要の母」になる発明が必要であり、そのためにはツールが必要である。それこそまさにVRMである。
  • 「クルートレイン宣言」の「市場とはリレーションである」の章で、VRMの目的として以下の7つをあげている。
    1. 個人が組織とのリレーションを管理するためのツールを提供
    2. 個人を自身のデータ収集の中心
    3. 個人にデータを選択的にシェアできる権限を付与
    4. 個人に自分のデータを他人がどのようにいつまで使うのかを管理する権限を付与
    5. 個人にサービス条件を自分のやり方で決定できる能力を付与
    6. 個人にオープンな市場で需要を主張する手段を提供
    7. リレーション管理のツールをオープンな標準、API、コード
  • VRMツールのポイントとして以下の6つをあげる。
    1. VRMツールはパーソナル
    2. VRMツールは我々を自立させる
    3. VRMツールは顧客の意思の表明を支援
    4. VRMツールは顧客の自発的関与を支援
    5. VRMツールは顧客自身による管理を支援
    6. VRMツールは置き換え可能
  • 顧客のエージェントこそがビジネスの世界で今後確実に進化していく新種である。フォースパーティと呼ぶ。簡単に言えば、顧客やユーザの利益を代表して、そのエージェントや受託者として機能する存在である。特性は以下である。
    1. 置換可能性
    2. サービスのポータビリティ
    3. データのポータビリティ
    4. 独立性
    5. 説明責任
  • 「〜中心型(セントリック)」は個人の外部に位置しており、「〜主動型(ドリブン)」は個人の内部に位置している。意思の違いもある。顧客はもはや乗客ではなく、運転手である。個人が自分で価値を創世できるツールには極めて重要な意義がある。
  • データには家(PDS)が必要だ。その家はあなたそのものであり、あなたが所有し、あなたがコントロールする。あなたのデータの家だ。マイデータ。つまり、スモールデータの時代が始まろうとしている。
  • PDSを中心にライブウェブを構築すべきである。あらゆるものとあらゆる人の間にイベント型の対話を提供する。APIベースのツールを使うことで都市のような急速な成長を目指すことができる。
  • 顧客がリード役になれば市場にはもっと多くのダンスが生まれる。そのためには、イマンシペイ(支払いシステムというより選択システム)やイマンシターム(トランザクションや対話だけではなく、独立した主体としてリレーションを結ぶための手段)、信頼フレームワークが、顧客主動型の新たな市場のパイオニアである。
  • VRM+CRMの主要なメリットは新の意味でのリレーションシップの構築(需要と供給がやりとりするリレーションの場)である。そのためには、ツールのUIが重要であり、意図を容易に表現できる機能がなければ、インテンション・エコノミーのスタート速度は緩慢になるであろう。

 

第四部:解放された企業

  • コカインは真の男になったような気分にさせてくれる。問題はその男がもっとコカインを欲しがることだ。クーポンはまさにビジネスのコカインだ。
  • 提供する商品がそもそも魅力的で価値があればよい。経費を膨らませる複雑な手法も必要ない。
  • 優れた企業は対話だけをしているのではない。ダンスもする。小売市場カテゴリでメガフォンを置き、顧客と共に買い物をすることが大切である。ダンスでリードする事も大切であるが、リードされることも大切である。それにより新たなダンスステップを創出する。
  • 多様な人々が存在することが企業とは異なるやり方で都市が成長していける最大の理由のひとつである。多様性には性格があり、意志がある。企業が多様性に対応せざる終えないならば、そのような多様性こそがイノベーションの最初の源泉である。
  • ロゴスとエロスの組合せ、つまり、合理的な取引と会計システムの外側での感情的な富の構築の組合せという要素がある。ギブアンドテイク。ロゴスであれ、エロスであれ、意思こそが市場に影響を与える存在なのである。
  • 少数派の意思は多数派になる。あらゆる生物の種はたまたまうまく機能した過ちの結果なのである。それでも自分自身の賭けをおこなっていくべきである。

 

メモ

イノベーションの普及モデル